JALC 日本語教師養成講座 講座・コース案内


概 要

JALCでは文化庁が定めた教育内容に基づき、JALCオリジナルのカリキュラムにより授業を行って行きます。このカリキュラムは、授業内活動から成るセクションAと課外活動として設けたセクションBにより短期間の11週間で420時間が修了できるようになっています。この420時間というのは、 日本の教育機関が日本語教師になるために必要とみなしている学習時間です。そのため、主な教育機関の採用条件として420時間履修が必須とされていることも少なくありません。
文化庁が定めた教育内容に沿ったシラバス
社会・文化
・地域
世界の日本語事情、世界各国の習慣・事情、日本語教育の歴史、異文化接触
言語と社会 社会言語学、言語のバラエティ、マルチカルチャリズム、非言語行動
言語と教育 言語と教育、コースデザイン、クラスマネージメント、教材教具論、教授法と指導法
言語と心理 クラス見学アナリシス、バイリンガリズム、異文化心理、文化摩擦
言語一般 言語学概論、音声学・音韻論、文字・表記、対照言語学、日本語の文法体系
上記にあるものは一例です。この他にも多くのことを11週間で学んでいきます。

日本語教師養成講座 420時間コース

開講日 ★11週間(3ヶ月)のコースとなります。

JALCでは、420時間という比較的長期間のコースを採用していますが、学びやすい価格を提供しています(テキスト代金は含まれております)。
教材作りの際に発生する費用や、アサインメントにかかる費用(交通費、通信費、再試験等) は、個人負担とさせていただきます。
※祝日・受講人数などにより変更となる場合もございますので、ご了承下さい。
2017年度
開始日    最短の終了日 開始日    最短の終了日
1月 10日 (火) ~ 3月 31日(金)
(2月 13日 ~ 17日まで中休み)
2月 20日(月) ~ 5月12日(金)
(4月 3日 ~ 7日まで中休み)
3月 特別開講

4月10日(月) ~ 6月30日(金)
(5月 15日 ~ 19日まで中休み)
10月3日(火) ~ 12月22日(金)
(11月 6日~10日まで中休み)
5月 22日(月) ~ 8月4日(金)
(中休みなし)
11月 13日(月)より年越し講座
(12月23日より年末年始休み)

受講時間

週に約30時間のクラス活動がございます。(*他に課外活動による課題提出あり)
☆クラスの進行状況によりクラス活動の時間が16:00を越える場合もございますので、ご了承ください。
☆祝日・受講人数などにより変更する場合がございますので、ご了承ください。
☆上記の正規授業時間に加え、日本語クラスへの参加等の課外活動が必修となることもございますので、ご了承ください。

コース・カリキュラム内容



料金一覧表へ